糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

アルコールと糖尿病

糖尿病の人はアルコールとどのように付き合ったらよいのでしょうか。

 

アルコールは全く飲んではいけない、という意見と、飲んでも構わない、という意見があります。

 

実際のところどうなのでしょうか?

 

当然ながら、糖尿病ではない人にとってもアルコールの「飲み過ぎ」は確実に良くないということです。

 

そしてアルコールには十分注意する必要があるというのも真実です。

 

アルコールは控えめにしたほうが良いのは当然ですが、付き合いでアルコールを飲む必要があることもありますし、全く禁酒しなければならないのはつらいのも事実です。

 

では糖尿病患者はアルコールとどのように付き合えばよいのでしょうか?

 

糖質を含んでいることに注目する

 

まず、アルコール自体には血糖値を上昇させる作用はありません。

 

しかし、アルコール飲料には糖質を含むものがあるということです。

 

糖質を含むアルコール飲料にはビール、ワイン、日本酒、梅酒、甘いカクテルなどがあります。

 

これらはいわゆる「醸造酒」と呼ばれるものです。

 

一方、糖質を含まないアルコール飲料には、ジン、ウォッカ、ブランデー、ウィスキー、焼酎甲種(芋焼酎、麦焼酎)などがあり、これらは「蒸留酒」と呼ばれます。

 

もちろん糖質を含まないカクテル(ウーロンハイ、ハイボール)なども糖質を含みません。

 

糖質0の発泡酒も糖質を含みません。

 

糖質0ならOKなのか?

 

では糖尿病患者は、糖質を含まないアルコール飲料を飲んでいれば太丈夫なのでしょうか?

 

私の知り合いの糖尿病の人で、「蒸留酒なら血糖値をあげないので大丈夫」と言って、ウーロンハイをよく飲んでいる人がいます。

 

蒸留酒は糖質0なのですが、アルコールはインスリン分泌や感受性に影響を与える(低下させる)ことがわかっていますので、全く無害であるわけではありません。

 

アルコール自体はカロリーが高い(アルコール1gあたり7 kcal)ため、中性脂肪が増えやすく、肥満の原因になります。

 

肥満は糖尿病にとっては大敵です。

 

また、アルコールは食欲を増進しますので食べ過ぎてしまい、カロリー過多を招く可能性がありますし、おつまみは、塩分、糖分摂取を増やしますので、高血糖、高カロリーを招きます。

 

糖尿病患者でアルコールの控えめな摂取が許されているのは血糖値のコントロールが安定している、糖尿病の合併症が出ていない、高血圧や動脈硬化が軽度であること、などの条件があります。

 

危険な低血糖を招く怖れも

 

アルコールは低血糖を招く恐れがあります。

 

アルコールは肝臓で分解されますが、肝臓は血糖値が下がると、蓄えたグリコーゲンを分解してグルコースにし、血中に流す働きをします。

 

肝臓はアルコールの分解を優先しますので、グリコーゲンの分解が後回しになります。

 

それで食後数時間経った後の血糖値が低いときにアルコールを飲むと低血糖になってしまう可能性があります。

 

 

アルコールを飲むときは適宜タンパク質や繊維質の豊富なおつまみを一緒に食べるようにしましょう。

 

豆腐、枝豆、サラダ、おひたし、刺し身などはお勧めです。

 

飲み過ぎず、適度に

 

「酒は百薬の長」という言葉がある通り、適度の飲酒は健康によいものですが、飲み過ぎは悪影響を与えます。

 

特にコントロールが難しい糖尿病であるならなおさらです。

 

最後に、かかりつけ医に飲酒を禁じられていない糖尿病患者のアルコール摂取の目安は次のとおりです。

 

アルコールによるカロリー摂取を160kcalに抑えるようにしましょう。

 

  • ビール、発泡酒(350ml 1本)
  • ワイン(200ml グラス 2杯)
  • 清酒(140 ml 1合弱)
  • ウィスキー(60 ml ダブル)

 

次はこちら
インシュリンって何?