糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

生活チェックリスト

もしあなたが糖尿病ではなく、糖尿病をできるだけ予防したいと考えていらっしゃるなら、次のチェックリストで自分の生活が糖尿病になりやすいかどうか、糖尿病危険度チェックをしてみましょう。

糖尿病にかかる危険度をチェックしよう

 

1. 自炊よりも外食が多い
2. 野菜をあまり食べない
3. 食事は肉類が中心
4. 揚げ物が好きである
5. 運動不足である
6. BMIが25以上ある
7. お酒をよく飲む
8. 清涼飲料水や缶コーヒーをよく飲む
9. タバコを吸う
10. ストレスが多い仕事や生活をしている
11. 生活が不規則である
12. 近親者に糖尿病の人がいる

 

糖尿病の95%は「2型糖尿病」、つまり生活習慣病です。

 

糖尿病は「サイレントキラー」と呼ばれるように、かなり進行しなければ自覚症状がありません。

 

これらの質問への「はい」が多ければ多いほど糖尿病にかかるリスクは高くなります。

 

できるだけ「はい」を減らすようにして、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

 

いま糖尿病かどうかをチェックしよう

 

では次に、自分が糖尿病かどうかを判断する「セルフチェック項目」を見てみましょう。

 

次のような症状が起こると、糖尿病にかかっている可能性があります。

 

1. 喉が渇きやすく、水をよく飲む
2. トイレが近くなって尿が多く出る
3. お腹いっぱい食べてもすぐに空腹感を感じる
4. 疲れやすく、体がだるい
5. こむらがえりを起こしやすい
6. 手足の先がピリピリする
7. ダイエットしていないのに急にやせた
8. 性欲が低下してきた
9. 靴擦れなどで痛みを感じなくなった、傷の治りが遅くなった
10. 下痢や便秘を繰り返している

 

これらの症状は糖尿病の危険な徴候です。

 

すでにかなり進行している可能性がありますので、できるだけ早く病院に行って糖尿病検査を受けましょう。

 

そして医師の指導の元、食事療法運動療法薬物療法を行いましょう。

 

糖尿病を改善するためにチェックしよう

 

最後に、すでに糖尿病患者であるあなたが、糖尿病を改善する上で行うべきチェックリストをまとめました。

 

1. 血糖値、HbA1c値を定期的に測っているか
2. 血圧を定期的に測っているか
3. 目の検査を受けているか
4. 足の検査を受けているか
5. コレステロール値を測っているか
6. 腎臓の検査を受けているか
7. 食事の食べる順番に気をつけているか(野菜→肉・魚→ご飯、パン)
8. 食事は腹八分目にしているか
9. 定期的に運動をしているか
10. 主治医とのコミュニケーションはきちんとできているか
11. 管理栄養士の指導を受けているか

 

これらの点をしっかり行っていれば、糖尿病とうまく付き合い、糖尿病をコントロールすることができます。

 

糖尿病は「不治の病」ではなくなりました。

 

血糖値をしっかりコントロールすることにより普通の人と同じ生活を楽しむことができます。

 

次はこちら
食事で上手に予防しましょう