糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病とうつ病の問題

糖尿病とうつ病には因果関係があると言ったら驚かれるでしょうか?

 

糖尿病とうつ病はなかなか結び付かないと思いますが、実際に糖尿病患者の中にはうつ病を患う人も多いのです。

 

健康な人の2倍

 

糖尿病の患者で、うつ病にかかっている人の割合は11%、うつ病の疑いがある人の割合は31%というデータがあります。

 

糖尿病の人がうつ病にかかる割合は健康な人の2倍以上と言われています。

 

糖尿病の人はうつ病にかかりやすく、うつ病の人は糖尿病にかかりやすいという相互関係があります。

 

なぜなのでしょうか?

 

ストレスが増大したり運動不足になったりの悪循環

 

まず糖尿病の人がうつ病になりやすい理由として、糖尿病と診断されたことへのストレス、食事制限などの自己管理が求められることへのストレスなどがあります。

 

うつ病の人が糖尿病になりやすい理由は、うつ病にかかると生活がアクティブではなくなり、家に引きこもりになります。

 

運動不足は糖尿病の一因となります。

 

また一部のうつ病薬は肥満を引き起こす恐れがあり、肥満は糖尿病になりやすいということもあります。

 

糖尿病とうつ病を併発すると、死亡率が1.6倍に、医療費は4.5倍に跳ね上がります。

 

うつ病になると、糖尿病を克服するための運動療法食事療法への意欲が失われ、糖尿病が悪化する恐れがあります。

 

併発を避けるには周りの人たちの励ましが大事

 

ではうつ病を併発しないためにはどうすればよいでしょうか?

 

親身になってくれる家族やパートナーの存在、仕事があって安定している糖尿病患者は比較的うつ病になりにくいようです。

 

逆に独身者で仕事がなかったり、安定していない患者はうつ病になりやすいようです。

 

自分のことを理解している人が近くにいてくれることが大きいようです。

 

何でも気兼ねなく話せる医師や看護師の存在も大切です。

 

うつ病を克服するためには、最近ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)という抗うつ薬は、肥満を招いて糖尿病を悪化させることはないと言われています。

 

ですから主治医に相談しつつ、そのような抗うつ薬を服用していくことも勧められます。

 

次はこちら
糖尿病と歯周病