糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病はじつは合併症が怖い

糖尿病にかかっている人はどれだけいるの?」ページで、糖尿病は合併症が怖い病気であり、糖尿病で亡くなる人よりも糖尿病に起因する合併症で亡くなるほうが多いということを書きました。

 

「糖尿病は合併症の病気である」と言えるくらいに合併症が多くあり、注意しなければなりません。

 

合併症には「急性」と「慢性」があります。

 

急性合併症

 

極度のインスリン不足によって起こるもので、恐ろしい症状です。

 

おもに1型糖尿病患者に多い合併症ですが、2型糖尿病であっても、水分補給に炭酸飲料やスポーツ飲料などの糖分が高い飲料を多量に飲むことによって「糖尿病ケトアシドーシス」という急性合併症を起こし、昏睡状態になる危険性もあります。

 

その場合は直ちに病院へ搬送されなければなりません。

 

慢性合併症

 

生活習慣病としての2型糖尿病にかかっている人にとって主に注意すべきは「慢性合併症」です。

 

慢性合併症の中でも特に3大合併症と言われているのが、「しめじ」と呼ばれるものです。

 

つまり「し」神経の障害(糖尿病性神経障害)、「め」目の障害(糖尿病性網膜症)、そして「じ」腎臓の障害(糖尿病性腎症)です。

 

これらは細い血管の血流が悪くなって起こる病気(細小血管障害)です。

 

神経の障害の場合

 

神経の障害は最も高頻度で多岐にわたる糖尿病の合併症です。

 

手足の神経に異常をきたします。

 

手足のしびれや痛みなどを感じるようになり、自律神経に影響も与えます。

 

さらに重症化すると足の知覚が鈍くなり、傷や化膿に対して痛みを感じなくなり、足の壊疽(えそ)につながります。

 

目の障害の場合

 

目の障害は目の網膜にある毛細血管が障害を起こす合併症です。

 

やがては失明に至る危険があります。

 

自覚症状なく進行しますので定期的な眼底検査が必要です。

 

腎臓の障害の場合

 

腎臓の障害は腎臓の毛細血管がむしばまれて、老廃物を尿としてろ過する機能が失われるためやがては人工透析が必要になってしまいます。

 

「しめじ」だけでも恐ろしい合併症ですが、ほかにも「大血管障害」といって、糖尿病は動脈硬化を招くため、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞へのリスクを高めます。

 

これらの合併症を招く恐れは通常の人の2〜4倍と言われています。

 

認知症にも影響する

 

また糖尿病は歯周病、認知症のリスクも高めます。

 

尿路感染症、皮膚感染症、肺結核にもかかるリスクが高くなります。

 

このように糖尿病はまさに合併症のデパートともいうべき恐ろしい病気です。

 

そして更に怖いのは糖尿病を発症してから、10年くらいで自覚症状もなくこれらの合併症が起こってくることです。

 

次はこちら
前田の菊芋って何?