糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病の合併症(2)目の障害

糖尿病の三大合併症として「しめじ」、つまり神経障害、網膜症、腎症についてご紹介していますが、合併症の起こる順番も「し→め→じ」であることを説明しました。

 

「し」の神経障害の後に起こるのは「め」つまり目の障害、糖尿病網膜症です。

 

失明するリスクを負う

 

糖尿病網膜症は糖尿病発症後、約10年で発生すると言われています。

 

糖尿病網膜症は、緑内障と並び、日本国内で失明する原因の1位、2位を占めています。

 

なぜ糖尿病は目に影響をあたえるのでしょうか。

 

目の水晶体の奥には硝子体というゼリー状の組織がありますが、その3分の2を覆っているのが網膜です。網膜は0.2mmの厚さの膜状の組織で、細かい毛細血管が通っています。網膜は水晶体(レンズ)から入ってきた光を視覚情報に変換するいわばフィルムのような働きをする重要な組織です。

 

糖尿病になると、血液がドロドロになってしまいますので、毛細血管に影響を与えます。血管障害で酸素の供給が欠乏するようになります。その結果血管が変形したり、出血したりするようになります。

 

血管に酸素が不足すると、ホルモンの働きで新生血管という、新しい病的な血管が作られるようになります。この新生血管は破れやすいため出血するようになります。これが糖尿病網膜症の起こる理由です。

 

3段階ある網膜症

 

糖尿病網膜症には3つの段階があります。

 

(1) 単純糖尿病網膜症
(2) 前増殖糖尿病網膜症
(3) 増殖糖尿病網膜症

 

(1) の段階では、自覚症状は何もありませんが、眼底検査で異常が見つかります。血糖値コントロールをよく行っていれば自然と消失することが多いです。

 

(2) はさらに進行した状態ですが、まだ自覚症状が現れないことが多いです。しかし新生血管ができる前段階になります。この段階では「レーザー光凝固」という手術に効果があります。

 

(3) の段階では、新生血管ができて出血してしまい、視野に黒い影やゴミのようなものが見えるようになります。このような症状を「飛蚊症」といいます。症状が進むと視野に黒いカーテンが掛かったように見えます。

 

この段階では、自然治癒は難しく、網膜剥離を起こすこともありますので外科的な手術で対応するしかなく、術後も視力の回復が望めない場合もあります。最悪の場合失明に至ることがあります。

 

予防するには血糖値コントロール

 

では糖尿病網膜症はどのように防いだら良いでしょうか。

 

兎にも角にも「血糖値コントロール」が大切です。医師の指導のもと、投薬、食事、運動によって血糖値を正しくコントロールしましょう。

 

その上で定期的な眼科の受診と眼底検査が欠かせません。糖尿病患者は少なくとも年に一階は眼底検査を受けるべきです。早期に発見できれば、失明の危険から逃れることができます。

 

次はこちら
糖尿病の合併症(3)腎臓への影響