糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

ジーンライフジェネシス

自分が糖尿病になりやすい体質なのかどうかについては、両親や祖父母に糖尿病の人がいれば遺伝的に糖尿病にかかりやすいのではないかということがある程度わかります。

 

さらに詳しく言うと、糖尿病になりやすいかどうかは遺伝子で決まるということになります。

 

では自分の遺伝子が、糖尿病になりやすいかどうかを調べてみるということはできるのでしょうか。

 

はい、できます。そのような遺伝子検査サービスが提供されています。

 

遺伝子検査のパイオニア

 

ここでご紹介するのは遺伝子検査のパイオニアであるジーンライフ・サイエンス社の「ジーンライフジェネシス」というブランドです。

 

12年間で50万人のデータを解析しているという実績があります。

 

「ジーンライフジェネシス」は、360項目もの検査項目を解析し、自分の体質、生活習慣病、各種がん、心筋梗塞、2型糖尿病、高血圧、腰痛の発症リスク、肌のタイプ、肥満のタイプなどがわかります。

 

得られたデータで、自分にどのくらいの病気のリスクがあるかを発見し、生活習慣を改善し早めにリスクを回避する助けになります。

 

利用方法はとても簡単

 

まずネットでキットを注文します。キットが届くと、必要書類にサインし、専用の綿棒で頬の内側をこすり、唾液を0.5ml採取して、専用の容器に入れてジーンライフ・サイエンス社に返送するだけです。

 

唾液を採取するだけですので妊婦の方も安心して利用できます。

 

「ジーンライフジェネシス」の場合は検査項目が多いため結果が届くのに1ヶ月かかります。

 

解析終了のメールを受け取った後、検査結果はWebやスマホアプリで確認できます。

 

将来かかる確率が分かるためのもの

 

ジーンライフ・サイエンス社は遺伝子情報を適切に取り扱うという「CPIGI」認定を取得しています。

 

この遺伝子解析は、「将来的にかかる確率が高そうな病気」を把握することができるもので、検査結果は診断ではありません。

 

ですから医師の診断内容や処方箋に取って代わるものではないので、「医師の診療を受けている人は医師の指導を優先してください」と書かれています。

 

自分がどんな体質か、どんな病気にかかりやすいかをあらかじめ知っておくというのは助けになりますよね。

 

ですから、「ジーンライフジェネシス」はお勧めの検査です。

 

遺伝子検査で糖尿病リスクを解析!
ジーンライフジェネシス 公式サイト