糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

グラシトール(1) ピニトールで血糖値を下げる

糖尿病対策として、運動、食事、睡眠、禁煙などなど、いろいろな面での変化にチャレンジしなければなりません。

 

なかなか頭でわかっていても実行するのは大変なことです。

 

菊芋を始めとして、糖尿病の改善に効果があるというサプリが多数あります。

 

このページでは「グラシトール」をご紹介します。

 

血糖値を下げるピニトール

 

グラシトールは注目の成分「ピニトール」含んだサプリです。

 

ピニトールとは、ウィキペディアでは、「イノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然の物質である。1987年インドで、ブーゲンビリアの葉から分離同定された。ピニトールはグルコーストランスポーターの亢進作用を示し、糖尿病予防に効果が期待できる成分とされる。」と説明されています。

 

ピニトールは抗糖化成分であり、「植物性インスリン」と呼ばれるほど血糖値を下げる効果がある物質です。

 

ピニトールは、大豆、ルイボス、アイスプラントから検出されます。グラシトールに含まれる「ピニトール」は、アイスプラントから精製しています。

 

アイスプラントのピニトール含有量は、大豆の8.5倍、ルイボス茶葉の30倍にも及びます。

 

糖の吸収を助けて血糖値を下げる

 

ピニトールの血糖値を下げるしくみを調べてみましょう。

 

血液中のブドウ糖は、グリコーゲンへと変化し、筋肉細胞に吸収され、エネルギーになります。

 

そのさいに重要な役割を果たすのはGLUT4と呼ばれる糖輸送担体(タンパク質)です。

 

肥満などが原因でGLUT4の働きが弱るとインスリンが受容体と結合できずに、ブドウ糖が吸収されずに血液に溢れ出します。つまりこれが糖尿病です。

 

ピニトールは、このGLUT4に作用し、ブドウ糖からグリコーゲンへの変換を助けます。

 

その結果血糖値を下げることができるのです。

 

タフなアイスプラントから抽出

 

「グラシトール」のおもな材料はアイスプラントです。アイスプラントは南アフリカ原産の多肉植物で、環境に合わせて2種類の光合成ができるという環境にも強いタフな植物です。

 

グラシトールのもととなるアイスプラントは植物工場(密閉型の清潔な室内)で農薬を一切使わず栽培されており安心安全です。

 

成長に厳しい乾燥した環境を作り出すことによって、ピニトールをもっと含有するアイスプラントを育てています。

 

次はこちら
グラシトール(2) 妊活サプリにもなる?