糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

HbA1cとは?

健康診断や人間ドックに行って、血液検査の結果表を見ると、「HbA1c」という項目があるのに気づくはずです。

 

このサイトを見てくださっている皆さんなら、「HbA1c」についてはその数値が、糖尿病と深く関わりがあることをある程度理解していただいていると思いますが、このページでは更に詳しく「HbA1c」についてご説明したいと思います。

 

グリコヘモグロビンのこと

 

「HbA1c」は、やたらアルファベットと数字の組み合わせで覚えにくい、ということがあると思います。私も覚えるまでに時間がかかりました。少し分解して考えるとわかりやすいと思います。

 

「Hb」とは「ヘモグロビン」のことです。ヘモグロビンなら知っているという方が多いと思います。

 

血液中の赤血球に含まれるタンパク質の一種で、酸素と結合して、体の隅々まで酸素を運ぶ役目を果たしています。

 

またそれと同時に、ヘモグロビンは血液中の糖分と結びついて、グリコヘモグロビンという物質になります。

 

グリコヘモグロビンのことをHbA1cと呼びます。血糖値が高いほどHbA1cの数値が上がるというわけです。

 

グリコヘモグロビンを測って正確に分かる

 

赤血球中のヘモグロビンの寿命は120日(約4ヶ月)です。

 

HbA1cの値は赤血球の寿命の約半分くらいの時期の血糖値の平均を反映することになり、血液検査日の1〜2ヶ月前の血糖値の平均を知ることができます。

 

血糖値の測定は、食前、食後、その他の状況によって大きく変わります。

 

一方HbA1cは食事の影響を受けないため、糖尿病を判断するためのとても重要な、信頼できる数値と言えます。

 

糖尿病かどうかはさらに別の検査も必要

 

HbA1c値は、2012年4月よりNGSPという国際基準に変わりましたので、4.7から6.2が正常で、6.5を超えると異常値(糖尿病の疑いが高い)と診断されます。

 

しかし、HbA1c値は、糖尿病だけではなく、腎不全、異常ヘモグロビン血症という病気が原因で高い値が出ることもありますので、HbA1c値の数値が高い場合は、「75g経口糖負荷試験(OGTT)」を実施することによってより詳しく糖尿病かどうかを判断することになります。

 

私は3ヶ月に1回、HbA1c値を病院で測っていますが、前の日から絶食しなくて良いのでとても楽に測ることができます。(もちろん採血の痛みは楽ではありませんが・・)

 

定期的にHbA1c値を測り、自分の状態を知って血糖値コントロールをしていくことが大切です。

 

もっと近い時期を測るならグリコアルブミン検査

 

HbA1c値は、採血の1〜2ヶ月前の血糖値の状態を知ることができますが、もっと近い過去の血糖値の状態を知りたい場合は、グリコアルブミン検査を行います。

 

採血の1〜2周間前の状態を知ることができます。

 

次はこちら
針を使わない検査も間近?(1) 痛みと回数を減らす