糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病患者用IDカード

糖尿病の患者で、インスリン注射を打っている人、薬物療法をしている人は、「低血糖」というリスクがあります。

 

低血糖のときに助けを求めるカード

 

もしも低血糖で、外出先で倒れてしまったら大変です。

 

そんなとき「糖尿病IDカード」を携帯していれば周りの人の助けを得ることができます。

 

「糖尿病IDカード」このようなものです。

 

 

低血糖になったときに周りの人にお願いしたいことが書かれています。

 

「私は糖尿病です。
 I HAVE DIABETES
 意識不明になったり、異常な行動が見られたら、
 私の携帯している砂糖(ブドウ糖)またはジュースか砂糖水を飲ませてください。
 それでも回復しない時は、裏面の医療機関に連絡して指示を受けてください。」

 

裏面には氏名、住所、医療機関の連絡先が書かれています。

 

低血糖になってしまったら早急な処置が大切です。

 

手遅れになると命を失う危険もあります。

 

この「糖尿病IDカード」は、公益社団法人「日本糖尿病協会」が発行しています。

 

希望する人には無料で配布しています。

 

スムーズに情報が連携できる手帳

 

日本糖尿病協会はほかにも「糖尿病連携手帳」も発行しています。

 

この手帳は検査値、治療内容、医師の所見など書き込むことができ、引っ越して主治医が変わる場合でもシームレスな連携を保つことができます。

 

また「自己管理ノート」もあり、これは血糖値を記録するノートです。

 

毎日きちんとつけていけばより良い血糖値コントロールに役立ちます。

 

1年で1冊となっており、記録した血糖値は複写式になっているため、通院の際に主治医に渡すことができます。

 

データがきちんとそろっていれば、主治医も血糖値に関して的確なアドバイスができます。

 

海外に行くなら必ず準備したい英文カード

 

英文カード(Diabetic Data Book)というものもあります。

 

自分が糖尿病患者であるということが5か国語で書かれています。

 

使用している薬剤、インスリンの種類、合併症について書くことができます。

 

英文カード(Diabetic Data Book)は糖尿病の患者さんが海外に行く際にはぜひ記入し携行していただきたいカードです。

 

海外に出発する前に主治医に英語で所見を書いてもらっておくことをお勧めいたします。

 

次はこちら
生活チェックリスト