糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

境界性糖尿病とは?

糖尿病と診断されるまで」のページで、「経口ブドウ糖負荷試験」(OGTT)の結果、糖尿病型と正常型の中間にある血糖値データは「境界型」であると言いました。

 

このページではこの「境界型」について取り上げたいと思います。

 

境界型と診断される理由

 

OGTT2時間値が140〜199mg/dlであること、また空腹時血糖値が110〜125mg/dlであること、の一方かまたは両方である状態を「境界型糖尿病」といいます。

 

HbA1cですと、5.8%以下は正常、6.5%以上は糖尿病と診断されますので、5.9%〜6.4%が「境界型糖尿病」になります。

 

治療は必要なのか

 

会社の人間ドックや健康診断の血液検査で「境界型糖尿病」に該当する数値が出たらどうすればよいでしょうか?

 

まだ正式な糖尿病ではないので、放っておいても大丈夫でしょうか。

 

いいえ!

 

「境界型糖尿病」から「糖尿病」に移行する前にできることはたくさんありますし、「糖尿病」に移行してしまうと、治療が一層難しくなっていきます。

 

少しでも早く治療を開始することが大切です。

 

グレーゾーンはありません

 

私が主治医のすすめで糖尿病教室に参加した時、インストラクターの看護師の人が「糖尿病というのは、糖尿病であるか、そうでないかの2種類しかなく、グレーゾーンはありません。ちょうど妊娠しているか、していないか微妙、ということがないのと同じです。」と説明されていたのを思い出しました。

 

つまり「境界型糖尿病」であっても立派な糖尿病なわけです。

 

糖尿病と同じく、インスリンの作用不足による高血糖状態という疾患です。

 

空腹時の血糖値は全くの正常なこともありますが、糖尿病合併症は境界型糖尿病の時期から始まります。

 

すぐにアクションを

 

ですから食事療法運動療法によって血糖値を少しでも正常値に戻すように努めましょう。

 

また経口血糖低下薬も効果がありますので、医師の診断で服用することをお勧めします。

 

結論として「境界型糖尿病」はまだまだ大丈夫だという状態ではありません。

 

「予備軍」という言葉に安心しないようにしましょう。

 

すぐに治療のためのアクションを取るべき状態であることを覚えておきましょう。

 

次はこちら
2型に効果あるとされるGLP-1とは?