糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

管理人について

当サイトの管理人の自己紹介をさせていただきます。

 

わたしは40代半ば、妻と小学生の2人の子どもを持つ会社員です。

 

糖尿病とのかかわり

 

わたしの家族は糖尿病家系だと思います。

 

糖尿病は、父親が40代で発症し、みるみる痩せていったことを覚えています。

 

糖尿病は薬である程度コントロールしていましたが、大好きなお酒はずっと飲んでいました。

 

インスリンを打つところまではいっていなかったようです。

 

その後父親は50代になってガンで働き盛りのときに急死しました。

 

このガンと糖尿病との因果関係は不明ですが、糖尿病は様々な病気のもとになりますのでありえないことはないと思います。

 

父以外にも、父方の叔父も糖尿病を患い早死しましたし、母方の祖父も糖尿病でした。

 

母方の祖父は92歳まで長寿を保ちましたが、80代で右足の血行不良で足の切断を余儀なくされました。

 

この血行不良には糖尿病が関係していました。

 

気を付けるようになりました

 

わたしはといえば、30代までは食事については特に気にせず食べたいものを満腹まで食べるという食生活でした。

 

わたしは甘いものはそうでもありませんが、ラーメンやうどん、ご飯物が大好きですので、ラーメンプラスご飯、またはチャーハンといった炭水化物づくしの食事が大好きだったわけです。

 

2010年の健康診断のときにその疑いがある、と言われまして、その後2012年より、糖尿病薬メタホルミンを服用して現在に至ります。

 

血糖値測定器も持っており、定期的に測っていますし、かかりつけの医者で定期的に血液検査をしています。

 

糖尿病については怖い病気ですが、うまく付き合うことはできると思います。

 

糖尿病について正しく理解していただきたい

 

糖尿病について、不正確な情報も多く出回っています。

 

自分のため、家族のため、命を大切にしたいと思っています。

 

学べば学ぶほど、糖尿病とうまく付き合う方法がわかってきます。

 

もちろん、学んでも実行しなければ意味はありません。

 

食事の時には野菜から先に食べること、エレベーターを使うところを階段にするだけでも少しのことですが積み重なると大きな違いが出てきます。

 

このサイトではわたし目線で、糖尿病について解説し掘り下げています。

 

糖尿病とはどんな病気か、どのように食事や運動で糖尿病とうまく付き合えるか、おすすめのサプリなど皆さんの役に立つ情報をご提供したいと思っています。

 

どうぞお付き合いいただければと思います。