糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病の薬について(1) 飲み薬の種類

2型糖尿病の治療は、まず運動療法食事療法から行います。

 

もし糖尿病がすでに進行している場合や、運動療法、食事療法で十分に血糖値が下がらない場合は、飲み薬(経口血糖値降下薬)を服用することになります。

 

糖尿病の飲み薬にはいくつかの種類があります。

 

どのような薬があるのか、どのように糖尿病の効くのかを簡単に以下の表で説明いたします。

 

  薬の名称 働き 効く部位
1 SU薬:スルホニル尿素薬 インスリンの分泌を促進させる すい臓
2 ビグアナイド薬(BG薬) インスリンの効きをよくする 肝臓、小腸
3 αGI:αグルコシダーゼ阻害薬 腸からの糖の吸収を穏やかにする 小腸
4 チアゾリジン薬 (インスリン抵抗性改善薬) インスリンの効きをよくする 肝臓、筋肉、脂肪
5 インクレチン関連薬(DPP-4阻害薬) インスリンの分泌を促進させる 小腸
6 速効型インスリン分泌促進薬 インスリンの分泌を促進させる すい臓
7 SGLT2阻害薬 余分な糖を尿により体外に排出させる 腎臓
  糖尿病治療薬配合剤 上記の薬を複数組み合わせた薬 配合する薬による

 

自分の症状に応じた適切な薬を

 

上記は代表的な経口血糖値降下薬8種類と、これらを組み合わせた糖尿病治療薬配合剤になります。

 

それぞれの経口血糖値降下薬の薬理作用は異なりますので、ご自分の症状に合わせた薬を医師に処方してもらい服用することになります。

 

上記の経口血糖値降下薬以外にもインクレチン関連薬で注射薬のGLP-1受容体作動薬があります。

 

  薬の名称 働き 効く部位
注射薬 インクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬) インスリンの分泌を促進させる すい臓

 

さらに糖尿病の合併症をターゲットにした薬があります。

 

糖尿病性腎症のための治療は主に高血圧の薬が使われます。糖尿病性神経障害治療薬としてアルドース還元酵素阻害薬があります。

 

医師の指示に注意深くある

 

経口血糖値薬がどのように働くか、体のどの部位に対して働くか、そして副作用は何か、ということを正しく理解して服用することが大切です。

 

医師や薬剤師の説明を十分に聞かずに薬を服用することは大変危険です。

 

またネットでの知識はある程度役には立ちますが、主治医に代わるものでは決してなく、セカンドオピニオンとしてとどめていただきたいと思います。

 

次はこちら
糖尿病の薬について(2) 歴史のあるSU薬