糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

リスクが高い妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、今まで糖尿病ではなかった人が妊娠して初めて糖代謝異常を起こすことを言います。

 

妊婦の約7〜9%の人が妊娠糖尿病と診断されます。パーセンテージは決して低くないということが分かります。

 

妊娠前に糖尿病と診断された人(糖尿病合併妊娠)や、妊娠中に明らかに糖尿病と診断される人は妊娠糖尿病には含まれません。しかしそのような人々は妊娠糖尿病よりも深刻な状態ですので、十分注意する必要があります。

 

妊娠糖尿病は、妊婦と胎児を危険にさらしてしまうため、妊娠中の血糖値のコントロールには十分注意する必要があります。

 

発症してしまう仕組み

 

妊娠糖尿病はなぜ起こるのでしょうか。それは妊娠中には胎盤からインスリン拮抗ホルモンと言って、インスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されるからです。さらにインスリンを壊すホルモンも胎盤から作られます。

 

妊娠中期から後期になると特に妊娠糖尿病のリスクは高まります。

 

どんな人が妊娠糖尿病にかかりやすいのでしょうか。体重が重い人、家族に糖尿病患者がいる人、高年齢(35歳以上)での妊娠、かつて奇形児や巨大児の分娩歴がある人、妊娠高血圧症候群・羊水過多症の人などです。

 

妊娠糖尿病は体重の管理に失敗した肥満体型の人だけがかかる病気ではなく、様々な要素が関係しています。

 

胎児が発育し過ぎる

 

妊娠糖尿病は胎児にどのような悪影響を与えるのでしょうか。

 

高血糖状態は、胎児にもブドウ糖が送られすぎる状態になるため、胎児の発育が進み、過剰発育、巨大児になるという問題が起きます。また、先天奇形、心臓肥大、多血症、胎児死亡などのリスクもあります。

 

妊娠初期に高血糖ですと、胎児に障害が出る場合もあります。血糖値が高めな人は妊娠前から血糖値コントロールを心がけることが大切です。

 

血液検査で発見できる

 

では妊娠糖尿病はどのように治療すればよいのでしょうか。

 

まずは妊娠初期に血液検査を行い、血糖値を測ります。もし高い場合はブドウ糖負荷試験を実施します。

 

妊娠初期には血糖値に問題がなかった人でも妊娠中期になるとインスリン拮抗ホルモンが胎盤からより多く出てくるため、妊娠中期(24〜28週)にも血液検査を行う必要があります。

 

正しく妊婦健診を受けていれば、妊娠糖尿病は発見できる病気です。

 

食事療法と運動療法で抑制する

 

妊娠糖尿病の治療はまずは食事療法から始めます。産婦人科医の指導で、食事の量を減らし回数を増やして食後血糖値が上がり過ぎないようにします。

 

運動も通常の糖尿病の治療と同じように大切です。激しい運動は控えますが、30分程度のウォーキングやマタニティビクス、マタニティスイミングなどが推奨されます。

 

経口血糖降下薬は胎児に影響を及ぼすことが心配されますので基本的には使わないことになっています。

 

ですから食事療法、運動療法で血糖値のコントロールが難しい場合は、インスリン治療を行います。

 

インスリンは胎児には悪影響を及ぼしません。

 

インスリンには様々な種類があり、特効型インスリンの中には妊娠中の使用に関して安全性が確認されていないものもありますが、産婦人科医が十分理解していますので、産婦人科医の指導でインスリン治療を行えば問題ありません。

 

出産後は、妊娠糖尿病になった人は通常の糖尿病にも7倍の確率でかかりやすくなるので定期的な検診を受けましょう。

 

次はこちら
高尿酸血症と糖尿病