糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病と歯周病の危険な関係

糖尿病と歯周病。

 

あまり関係なさそうに見えるこの2つの疾患は、実は密接な関係があります。

 

糖尿病は歯周病を悪化させ、歯周病は糖尿病を悪化させるのです。

 

糖尿病の人が歯周病である確率は、通常の人の2倍と言われています。

 

歯周病は糖尿病の合併症のひとつです。

 

高い血糖値が歯周病菌の好む環境にする

 

糖尿病と歯周病の相関関係にはどのようなメカニズムがあるのでしょうか?

 

糖尿病にかかると、当然ですが血糖値が高くなります。

 

浸透圧の関係で尿が良く出るようになり、体の水分が不足し口が渇きやすくなります。

 

口が渇くと、歯周病菌を退治する唾液が不足しますので、歯周病菌が増えることになります。

 

さらに糖尿病の人は抵抗力が落ちるため、歯周病の進行が早くなります。

 

歯周病が進むと、歯を失うことにもなりかねません。

 

歯周病菌を退治する物質がインスリンの働きを妨げる

 

逆に歯周病から糖尿病に発展してしまうケースもあります。

 

歯周ポケットに歯周病菌が繁殖すると、体は白血球を使って菌を退治しようとします。

 

その時に白血球は歯周病菌の毒素に触れて、TNF―αという物質を放出します。

 

このTNF―αは、インスリンの働きを妨げるという特性を持ちます。

 

ですから歯周病によって血糖値が上がり、糖尿病になる、または糖尿病が悪化する、ということが起きるのです。

 

まさに負のスパイラルです。

 

日頃からの健康に対する高い意識と実践が大事

 

ではこの負のスパイラルから抜け出すにはどうすればよいでしょうか?

 

普段の節制、歯磨きは欠かせません。

 

毎日、とくに就寝前には念入りに歯を磨き、歯周病の原因となる歯垢を取り除きましょう。

 

デンタルフロスで歯間の歯垢も取り除きましょう。

 

そしてこれは日本では意識が低いと言われていますが、定期的に歯科医院に通って、クリーニング、チェックをすることが強くお勧めします。

 

糖尿病の人は最低半年に1回は通うようにしましょう。

 

喫煙は歯周病を悪化させますので禁煙するように努力しましょう。

 

口呼吸、歯ぎしりなども歯周病を悪化させる原因です。

 

歯科医院や耳鼻咽喉科に行って、相談することをお勧めします。

 

 

糖尿病と歯周病・・これらは悪の相棒同士です。

 

これらを仲良くさせないように、戦っていきましょう。

 

次はこちら
再生医療と糖尿病