糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

血液検査でわかること

糖尿病患者が受ける血液検査は血糖値だけではありません。

 

血糖値は、血液中のブドウ糖がどれくらい含まれているかを示す大切な数値で、糖尿病の診断は主に血糖値によって判断されます。

 

血糖値を測ることは糖尿病にかかっている人にとって最も重要な血液検査です。

 

血糖値はご存知のようにいつ測るかによって大きく数値が違ってきます。食前なら低く、食後なら高くなります。

 

空腹時と糖負荷の2種類の検査方法

 

糖尿病かどうかを判断する点で、必要な血液検査は2種類あります。

 

それは「空腹時血糖検査」「75g経口糖負荷試験(OGTT)」です。

 

「空腹時血糖検査」は夕食後一晩絶食し、次の日の朝に測る血糖値です。
食事の影響を除いた血糖値が計測できます。

 

「75g経口糖負荷試験(OGTT)」は空腹時に75gのブドウ糖溶液を飲み、2時間後の血糖値を測ります。
つまり食後の血糖値を測るに等しいものです。

 

これら2つの血糖値の数値から正常か、糖尿病か、境界型かを判断します。

 

平均血糖値を測る

 

一方、血糖値以外にも重要な血液検査があります。それはHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)値です。

 

このHbA1c値は、食事には左右されず、過去1〜2ヶ月の平均血糖値を知るための重要なものです。

 

血液検査の前に絶食をして血糖値を低く出そうとするようなごまかしは効きません。

 

また血液検査前に食事をとっても問題ありません。

 

私は3ヶ月に一回、このHbA1c値を病院で計測しています。

 

血糖コントロールが判る

 

「血糖値検査」と「HbA1c値測定」以外にも糖尿病にかかわる血液検査があります。
いくつかご紹介します。

 

血清1.5AG検査

1.5AGとはブドウ糖とは異なる糖で、血液中の濃度はほぼ一定しています。

 

血糖値が上がると1.5AGは低くなり、血糖値が下がると1.5AGは高くなります。

 

1.5AG値を調べると、血糖コントロールの状態がよくわかります。

 

食事には左右されず、前日までの血糖値の状態も把握できます。

 

グリコアルブミン(GA)検査

アルブミンというタンパク質が血液中にブドウ糖と結合するとグリコアルブミンになります。

 

血糖値が上がるとグリコアルブミンは多くなり、血糖値が下がるとグリコアルブミンは少なくなります。

 

グリコアルブミンは採血の1ヶ月前、特に2週間前から採血までの平均的な血糖の状態がわかります。

 

HbA1cとよく似た検査ですが、HbA1cよりも採血日前の近い日付の数字出るので、糖尿病の治療中の血糖値の改善がHbA1cよりも分かりやすくなります。

 

血中インスリン検査

空腹時にブドウ糖溶液を飲み、血液中のインスリンの量の変動を見る血液検査です。

 

 

血液検査は患者が「これをやりたい」と言って受けるものではなく、医師の診断に基づいて受けるものです。

 

「血糖値」「HbA1c値」は血糖値コントロールに必須であることを覚えておきましょう。

 

次はこちら
HbA1cとは?