糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病の種類@ 1型とは

糖尿病の種類は主に2種類あります。

 

1型2型です。

 

また、1型、2型に属さない糖尿病もあります。

 

1型の特徴

 

1型と2型はどのように違うのでしょうか?

 

1型はインスリンを作っている脾臓のランゲルハンス島という場所のβ細胞が壊れてしまい、血糖値を下げるのに欠かせないインスリンが出なくなってしまうものです。

 

インスリンが出なくなってしまうので、インスリン注射は必須になります。

 

子どもの糖尿病のほとんどは1型です。

 

子どもだけではなくあらゆる年齢層に起こる可能性があり、また突然発症することが知られています。

 

1型は全糖尿病患者の5%程度です。

 

生活習慣とは無関係で、自己免疫性疾患などが原因とされています。

 

1型と診断されるまで

 

1型はどのように発症するのでしょうか。

 

急激に発症します。

 

最初は風邪のような発熱から始まり、異常にのどが渇く、尿の量が多くなる、食べているのに痩せる、という症状が起きます。

 

血中にブドウ糖があふれると、1型はブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンが出ないため、体は脂肪をエネルギーに変えようとしてその過程で「ケトン体」という物質が血中に大量に増えることになります。

 

この状態を「ケトアシドーシス」といい、脱水症状とともに意識障害(ケトアシドーシス昏睡)を引き起こし、命にかかわることがありますので、早期発見は重要です。

 

すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

 

子どもの糖尿病に多い

 

1型は子どもの患者が多いのが特徴です。

 

子どもは小児糖尿病の専門医にかかり、親はもちろんのこと、学校などとも連携してサポートしていく必要があります。

 

1型は血糖値をインスリンでコントロールしていれば2型のように食事制限は特にありませんが、生活習慣病を予防するためにも健康的な食事を心がけることが必要です。

 

2型には重要な食事療法、運動療法は1型にはほとんど効果がありません。

 

インスリン注射と一生付き合うことになってしまいますが、最近では子どもでも簡単に打つことができる注射も広まっていますし、生活の一部として前向きに捉えることができるようになっています。

 

次はこちら
糖尿病の種類A 2型とは