糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病の種類A 2型とは

2型には2つの原因がある

 

2型は1型とは異なり、インスリンが出なくなるのではなく、インスリンの働きが低下するつまり「インスリンの作用不足」が原因で起こります。

 

もうひとつ「インスリン抵抗性」といってインスリンは出ているものの、肝臓や筋肉がインスリンの分泌に鈍感になってしまう症状も見られます。

 

「インスリンの作用不足」や「インスリン抵抗性」が起こる原因としては遺伝、肥満、運動不足、年齢などが関係しています。

 

つまり生活習慣と大きく関わりがあります。

 

生活習慣に影響される

 

2型糖尿病は、糖尿病になりやすい体質(遺伝因子)の人が糖尿病になりやすい生活習慣(環境因子)を送ることによってかかると言われています。

 

「インスリンの作用不足」が原因で糖尿病になる人はやせ型の人が多く、日本人に多いのが特徴です。

 

「インスリン抵抗性」が原因で糖尿病になる人は太った人が多く、欧米ではこの原因が多いのが特徴です。

 

効果のある治療法

 

2型はインスリン注射が必要なものから薬でコントロールできる段階のものまでありますし、食事療法や運動療法も効果的です。

 

2型は合併症が多いのも特徴ですので、十分に気をつける必要があります。

 

2型糖尿病は全体の糖尿病患者の90%を占めます。

 

ですから本サイトでも2型糖尿病についての傾向と対策をご紹介します。

 

第3のタイプ?

 

1型、2型に属さない糖尿病もあるといいましたが、一体どんなものでしょうか?

 

それは、特定の遺伝子の異常によって起こる糖尿病で、若年発症成人型糖尿病、ミトコンドリア遺伝子異常、インスリン受容体異常症、インスリン自体の遺伝子異常などがありますが、かなり稀な糖尿病です。

 

また他の疾患によって引き起こされる続発性糖尿病もあります。

 

膠原病の治療などでステロイドを長期にわたって内服したことによって起こる、ステロイド糖尿病もあります。

 

妊娠中になる場合がある糖尿病

 

1型、2型に属さない糖尿病で最もよく知られているのは「妊娠糖尿病」です。

 

これは妊娠中のみ血糖値が高くなる症状のことです。

 

一般には出産後には改善します。

 

すでに糖尿病の人が妊娠した場合は「妊娠糖尿病」とは言わず、「糖尿病合併妊娠」と呼ばれます。

 

治療法としては食事療法を行いますが、血糖値の高い状態では先天異常のリスクが有りますし、薬の服用も胎児にとって危険な場合があるのでインスリンの投与を行う場合もあります。

 

妊娠初期から血糖値をコントロールできれば通常の妊娠とおなじになりますが、血糖値が高いとハイリスクなお産になるため、十分な管理が必要です。

 

次はこちら
糖尿病になってしまったら?