糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

ウェルネスダイニング(1) 管理栄養士が考える宅配食

糖尿病を改善するためには食事療法はとても大切です。カロリー、塩分を抑えたバランスの良い食事が勧められます。

 

しかし、なかなか家族にそのような食事を作ってもらうのが難しい、また自分でそのような食事を作ることができない、という人も多いのではないでしょうか。

 

独身の人であれば食事は主にコンビニ弁当か外食というケースも多いことでしょう。

 

そのような人たちのために心強い味方があります。

 

管理栄養士が考える宅配食

 

それは栄養バランスを考えた宅配です。

 

お勧めの3度の食事計画」でも少しご紹介しましたが、日本ではさまざまな健康食を宅配してくれる会社があります。

 

今回ご紹介したいのが「ウェルネスダイニング」の宅配食です。

 

管理栄養士が考えたバラエティのある宅食を冷凍でお届けします。届いたら1食分レンジでチンするだけです。

 

ニーズに合わせて選べる

 

宅食には4種類あって、自分の必要に沿って選べます。

 

@健康応援 気配り宅配食

カロリー300kcal以下、塩分2.5g以下

 

Aカロリー制限(240kcal)気配り宅配食

カロリー240kcal以下、塩分2.5g以下

 

B塩分制限(2g以下)気配り宅配食

カロリー300kcal以下、塩分2g以下

 

Cたんぱく制限(10g)気配り宅配食

カロリー300kcal以下、塩分2g以下、タンパク質10g以下、カリウム500mg以下

 

糖尿病の人の場合、1日の摂取カロリーは1600kcalが良いと言われていますので、300kcalの気配り宅配食なら安心していただくことができます。

 

美味しさや食べやすさを工夫

 

味の方は、食事療法にありがちな無味乾燥とまでは行きませんが味気ない料理とは違い、塩分控えめながら素材とダシを効かせたしっかりとした味になっています。

 

食べやすさにも工夫があり、食材本来の食間を残しつつもほどよい柔らかさになっていて、どの世代でも食べやすく調理されています。

 

見た目も食欲をそそるように緑、赤、黄色の食材が毎回入っておりソースのかけ方ひとつにも工夫しているそうです。

 

また制限食というとカロリーが少ない分、食べても満足感がないという難点がありましたが、カロリーが少なくてもボリューム感に満足がいくような作りを工夫しているとのことです。

 

次はこちら
ウェルネスダイニング(2) 特典もお得