糖尿病を自力で改善したいあなたのための完全マニュアル

糖尿病に運動が良いのはなぜか?

糖尿病には運動が効果的と言いますが、それはなぜでしょうか?

 

現代人は運動不足になりがちです。

 

交通手段の発達によって歩く時間が減り、便利な家電によって家事の手間もかからなくなりました。

 

運動不足に加えて、欧米化した高カロリーな食事により糖尿にかかる人が増えています。

 

より多くのエネルギーを消費し血糖値を抑える

 

運動をすると体はどのように反応するでしょうか。

 

運動により多くのエネルギーが筋肉で消費されます。

 

糖分はエネルギーとなり血中に入りますが、運動によりエネルギーを消費すると、血糖値の上昇を防ぐことができます。

 

特に食後30分〜2時間に運動すると、ちょうど血糖値が上がるタイミングにエネルギーを消費しますので特に推奨されます。

 

さらに運動によって肥満を防ぐことができます。

 

肥満は糖尿病の原因になりますので、肥満を防ぐことは糖尿病の予防につながります。

 

軽く身体を動かす運動がいい

 

糖尿病には激しい運動ではなく、適度な有酸素運動をすることが推奨されています。

 

軽度な運動であっても長期にわたって続けていくと、筋肉細胞にブドウ糖が取り込みやすくなり、エネルギーが効果的に消費されます。

 

2型糖尿病の場合、筋肉や肝臓が血液中のブドウ糖を取り込みにくくなる「インスリン抵抗性」という特性があります。

 

つまり健康な人と、糖尿病の人では、同じインスリンの量でも、健康な人のほうが効きやすく、糖尿病の人のほうが効きにくいのです。

 

運動を継続的に行えば、このインスリン抵抗性が改善されます。

 

しかしこの改善は3日で低下し、1週間で消失してしまいます。

 

ですから継続的な運動が必要になるわけです。

 

1型糖尿病の場合は間接的な効果

 

1型糖尿病では、運動をしてもインスリンをすい臓が作り出すことができないため、インスリン機能の改善はありません。

 

このため、運動は直接的に糖尿病の症状改善に効果がありません。

 

しかし外部から取り入れるインスリンを効果的にすることができますし、運動により筋力のアップや、身体を健全にするのに役立ちます。

 

糖尿病には食事療法とともに、運動療法が大切であることが分かりますね。

 

次はこちら
運動から得られる効果